読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタガキ主婦

肩書が会社員から専業主婦になりました。節約生活、不妊治療、趣味のことなどを書いていきます。

新橋夢クリニック採卵周期スケジュール

なんと無事に新橋夢クリニックにて採卵を行い無事に凍結できました~。
もうすぐ37歳、初の採卵怖かった。

初診の際に橋本病の疑いがあるという診断を受け、地元の病院で治療を続けています

とりあえず採卵のスケジュールをまとめておきたいと思います。
私の生理周期が25日程と短いので診察回数が最低限で済んでます。

 

DAY3 血液検査・内診・診察<所要時間:約2時間半>

  ※フェマーラとクロミッド処方あり。
   
  <ホルモン値>E2:63  LH:5.3  P4:0.3  FSH:9.5 AMH:3.28
  <会計>¥12,998

DAY10 血液検査・内診・診察<所要時間:約2時間半>
  
    ※採卵日2日後に決定。10個位は採卵できそうだとのこと。(局部麻酔をお勧めされたので希望しました。料金も2000円位とのこと)
  ※夫が当日来れそうもないので、凍結精子使用になりました。
  ※ボルタレン処方あり。ブセレキュアは昨年末に別の病院で処方されたものが残っていると伝えたらそれでOKとのこと。
  
  <ホルモン値>E2:1090  LH:11.8  P4:0.3  FSH:10.9 
  <会計>¥7,888

DAY12 採卵当日(8時指定)<所要時間:約4時間>

  8:00…5Fの控室へ(手術着に着替えて準備)
  8:45…手術室へ(消毒→麻酔→採卵→止血)
      ※麻酔しましたが、針を突き刺すような感覚あり。痛かった。
  9:00…控室で30分安静時間。止血したガーゼを自分で抜いて終了。
      ※お腹はどんより痛いが生理痛ほどではない。
  9:45…4Fにて内診・診察。
      ※いきなり通水検査!事前に知らされてなかったのでビックリ。これが一番痛かった!
  11:30…培養士より採卵結果説明。
      ※主席含む10個が採取できたようです。詳しい説明でホント親切。
  12:00…会計
 

  <会計>¥45,000(現金) 
  <後日請求>¥203,298(銀行振込※北越銀行
          ・・・顕微授精・アシストハッチング・培養費・凍結費など込み


採卵2日目 分割確認のTEL…8個培養中とのこと。


採卵8日目 凍結確認のTEL…5個胚盤胞(6日目4個・7日目1個)凍結できたとのこと。グレードなどは次回来院の際に希望すれば説明できるとのこと。


次回は生理9か10日目診察だそうです。


<採卵周期合計>¥269,184

 

英検準1級一次試験合格<古い過去問題集が活躍>

1月に行われた2016年度第3回の英検一次試験は合格でしたー!

f:id:mochikoblog2016:20170222110652j:plain

自己採点の時点ではギリギリだったので、半分諦めていたものの、思ったよりライティングができていたらしく合格滑り込めました。

これも最後の2週間位は英作文だけやってたおかげかな…。

あと、リスニングですが英検って過去問と同じ問題出すんですね・・・。
私の勉強していた2013年度版の「英検準1級過去6回全問題集」から2問(パート1)もまるっきり同じ問題がでてラッキーでした。

先日2次試験が行われ、内容は散々でしたが、いちよダンマリすることなく愛想だけは振りまいてきました。
美術館の利用に関する問題でした。その中の質問に「美術館の入館料金は無料にすべきか」みたいなのがあったのですが、
これも2013年度版の「英検準1級過去6回全問題集」の2次試験問題の中に同じような問いがあったのでなんとか答えられたのでした。

お金がなくて新しいの買えなかっただけだけど、古い過去問を勉強しててよかった~。
ただ、英作文に関しては問題形式が変わってるので参考になりませんが…。

あとは二次の結果を待つのみ。

新橋夢クリニック初診

明けましておめでとうございます。

先月都内にある、新橋夢クリニックの説明会に参加してきました。ずっと今まで薬漬けの治療をして体調も周期も乱れ、これで良いのかと悩んでいた私。こちらのクリニックの薬をほぼ使わない治療方針にやる気が沸きました。

そして、早速初診へ行ってきました。

私の住んでいる田舎からは、通院に電車で1時間半位かかるため、かなり遠いです。

初診は生理3日目で夫の正月休みと重なったため、先日2人で行ってきました。

事前に基礎体温表2か月分(ウーマンコムで急遽作成)、問診票、通っていた病院の紹介状、保険証を持参。(男性は精液検査があるので保険証+身分証明書が必要)

 

9時40分<3F受付に到着>

初診ですと伝えて紹介状などの書類一式を渡して待ちました。

10時頃<4F診察待合室に移動>

受付番号が発行され、その番号で呼ばれる仕組みのようです。私の受付番号は60番(夫は61番)で今日の受付順で番号が発行されてるのかな?

10時半頃<診察>

紹介状や基礎体温表をチェックされ、体外受精で今周期から治療を進めていくなどの説明がありました。若い先生でした。

10時50分頃<処置室で説明>

今日の検査の流れや血液検査の内容、子宮頸がん検診の有無などを看護師さんと確認しました。(毎年子宮頸がんの検査結果が必要になるそうで、検査をしている方は結果を持参したほうが良いです。実施してなければ次回こちらの病院で検査できるとのこと)

11時頃<採血・尿検査>

夫と順番に採血。私は尿検査も実施。

この頃から4Fの待合室は座るところもあまりないくらい混んできていました。

11時10分頃<夫は精液検査で5Fへ>

11時45分頃<内診エコー>

生理3日目で内診するのは初めでです。看護師よりショーツを脱いで待つように指示があり、生理なのにノーパンで立ってぼーっと待つ。(今回は生理3日目でも量が少なかったのでなんとかなりましたが、量が多い日だったらポタポタと血が床にたれたりするのではないかと心配・・・。みんなどうしてるの?)となりの診察の人の説明など聞こえる。看護師より内診台への座り方の説明があり、座る。「お尻の位置をもっと前に!もっと!!」と看護師に厳しく言われちょっと心が折れそうでした。その後さっきの診察してくれた先生が内診。卵胞の数など確認しているようです。

 

待合室に戻ると精液を採り終えた夫と再会。

12時半頃<診察>

エコーの写真と血液検査の結果を見ながら説明がありました。卵も13個位あり普通とのこと。ただ、甲状腺ホルモンの値が悪く橋本病の可能性があるので、それを治療してからでないと採卵はできるけど、移植はできないとのことでした。甲状腺ホルモンの異常は流産などのリスクが高まり危険だからという説明がありました。
他の血液の結果はE2が高い以外はそれほど問題ないようです。
前の病院の薬の影響も残っているかもしれないし、甲状腺のこともあるので採卵は次の周期にしましょうという提案があり、そうすることにしました。
まず甲状腺の治療(薬を飲めばほとんどは数値が治る)が優先です。今まで、甲状腺については調べたことがなかったので、かなりびっくりしました。
今周期採卵するつもりでいたのでがっかりもしましたが、こちらの病院に来て新たな病気も分かり良かったのかもしれません。

 

12時半頃<処置室>
看護士さんより今後の治療などについて説明がありました。また次の生理3日目に診察に来てくださいとのこと。甲状腺の治療については紹介状が必要であれば、いつでも作成してくれるそうです。
精液検査の結果はまだ時間がかかるそうで、外出オッケーなので午後3時に戻るよう説明がありました。


お正月の汐留付近をブラブラし時間をつぶす。
2時半頃、また3F受付に戻ってくる。(なんかクタクタになってます)

 

3時頃<3F小部屋にて精液検査結果説明>
本日の精液検査の結果をパソコン画像を一緒に見ながら培養士さんより説明していただきました。
量はそれなりにあるものの運動率は11%。
ほぼ動いていないダラーんとした精子たちの画像。変な頭の精子画像。
運動率も直進性も形もすべて不良で、顕微授精しかないとのこと。
人工授精しても、妊娠は無理とのこと。
泌尿器科でもこんなに詳しく説明されたことがなかったので、夫はかなりショックを受けているようでした。

夫が今後病院に来れない恐れがあるため、とりあえず精子凍結もお願いしました。

 

3時半頃<受付でお会計>
私の診察検査:37,735円
夫の検査:6,890円
精子凍結:21,600円

(合計66,225円)
現金かデビットでの支払いになるようで、現金払い。
夫と合わせてギリギリ現金がありなんとかなりました。
診療明細がもらえなかったので、いったい何にこんな検査費用がかかったのか不明です。
診療明細って普通もらえるんじゃないの??

最後に診察券と体外受精の同意書などを受け取り終了です。

 


いろんな思いを巡らしながら、疲れ切った私達夫婦。
現金も使い切ったので、美味しいものも食べず静かに帰宅したのでした。

 


感じたことは、早くこの病院に行けばよかったということ。
こんなに詳しく調べてもらえて、私の甲状腺の病気も判明し、顕微しかないという診断も納得いくものでした。
考えるのも嫌ですが無駄だった6回もの人工授精…。成果のでない夫の泌尿器科でのクロミッド療法…(これまで、運動率アップに効果があるとされるクロミッドを処方され2年間毎日一生懸命飲んで、薬の副作用で薄毛になりながらがんばってきた夫が本当にかわいそう。)


ああ、とりあえず早く甲状腺の病院に行こ。

英検準1級おすすめテキスト②「英検準1級過去6回全問題集」

英検準1級の勉強を始めるにあたり、過去問テキストはかかせないと思います。

私も過去6回全問題集は何度も勉強しております。

回答には解説も詳しく載っていて、とても分かりやすいテキストです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英検準1級過去6回全問題集(2016年度版) [ 旺文社 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)


 

 さて、この問題集を何回もやれば合格できると思い込み、かれこれ5,6周はやったかと思うのですが、まだ合格しておりません。

テキストを何往復もすると、回答や問題の訳をなんとなく暗記してしまい、80%位正解するようになってきます。そして、これなら受かるだろうという気分になってしますのです。

2回不合格になって分かったことですが、テキストのなんとなく暗記大変危険です。

実際新しい問題を解くと、過去問にでてきていたであろう単語であっても、文章の中身が違うとさっぱり意味が思い出せない事態になったりします。

なので、過去問を勉強する際は分からない(自信のない)単語は別に単語帳を作って完璧に覚えるまで暗記することが、重要だと思います。
また、回答以外の選択肢の中の分からなかった単語、長文問題の中の分からない単語も暗記するとベターかも。(私はやりきれてないけどね・・・)
文法のわからない部分は、参考書で調べ直すなどするなどの補足勉強も必要かと思います。

 

結局、なんだかんだで単語とイディオムの暗記は避けては通れないということです…
しかしながら、単語さえ暗記していれば、ちょっと文法が不安でも長文はだいたい読めます。
リスニングも単語の意味が分かれば、聞き取りがスムーズになります。

つらいですが暗記がんばりましょう。
ではまた。

英検準1級おすすめテキスト①「英検準1級 語彙・イディオム問題500」

英検準1級の勉強を最近再開しました。

4年前位に2回受けて落ちたのを最後に勉強は全然しておりませんでした。

でも、英検準1級の挫折についてはいつも心残りがあり、退職を機に勉強を再開。

 

まだ受かっていない私ですが、おすすめしたいテキストをご紹介したいと思います。

旺文社「英検準1級 語彙・イディオム問題500」です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

英検準1級語彙イディオム問題500 [ 旺文社 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)


 

 

5年程前に私もこのテキストを購入したのですが、未だに上位にある人気テキストなんですね。このテキストは本当に良いです。

とにかく、英検準1級は単語が難しい。

同じく旺文社の「でる順パス単」がすばらしいのですが、覚えるのが大変でホントに気が滅入ってきます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

でる順パス単英検準1級 [ 旺文社 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2016/10/27時点)


 

 

気が滅入った方は「英検準1級 語彙・イディオム問題500」を使って一問一答しながら覚えていく方法をおすすめします。準1級に頻出度の高い単語はほぼ覚えられます。テキスト自体そんなに重くないので、持ち歩いて隙間時間に勉強するのも良いでしょう。

ただ、単語をすべて網羅できる訳でもないので、やはりパス単も頑張って並行しないとだめなのかも・・・。

 

ではまた。

 

不妊治療の始め方

f:id:mochikoblog2016:20161025074408j:plain 

不妊治療を始めたい…でもどうやって始めれば良いのかと迷っている方も多いはず。

私はこれまで、タイミング法と人工授精で2年ほど病院で不妊治療をしてきましたがまだ妊娠には至っておりません。。が、治療の始め方について私なりに簡単にアドバイスしたいと思います。

 

<病院デビューするタイミング>

一般的に結婚して20代なら2年(30歳以上では半年?)経っても子供ができない場合は、病院に行きましょうなどと言われております。

私的には、30歳以上の方は夫婦そろって子供が本当にほしいと思ったらすぐ病院予約しても良いと思います。

 

なぜなら、不妊の検査自体で時間もかかるし、病院の予約を取るのも大変な場合が多いからです。特にお仕事をされている方は、病院に行ける時間が限られているでしょう。土日しか休めない方も多いかもしれません。

 

私の場合、不妊について調べて、病院選びをして、仕事が休みの土曜日の通院予約を入れるまでダラダラと3,4か月費やしました。いざ、予約を入れようと思っても、土曜日の予約が入れられるのが1か月も先という病院だったというのもあるかもしれませんが…。でも、体外受精や顕微授精が行える病院を選ぶとホントに混んでます!

 

不妊の検査自体は、血液検査や排卵チェックなどいろいろとあるので、どんなタイミングでもはじめられます。私の場合、土曜日しか病院に行けなかったのが仇となって、すべての検査が終了するまで、3か月位かかったと思います。生理5日目までに行う検査や排卵前に行う検査などあるので、どうしもその日が土曜日に重ならないと通えず検査が進まなかったからです。(今考えれば、平日半休してでも通えば良かった)

 

しかし、検査自体がすべて終わらないと治療が進められないわけではありません。検査で通院している間も先生からタイミングの指導があったりとアドバイスがもらえます。なので、検査と並行してタイミング法も実施できるのです。

 

病院さえ一度行けば、あとは医師の指示でドンドンと検査は進みますし、排卵日なども分るので妊活がステップアップしていくでしょう。

ただ、検査費用は高いです。。1回の診察で5000円とか1万円とかかかることも普通なので、出費の覚悟は必要です。

 

 

①本当に子供がほしい夫婦

不妊治療に月2万円位使っても良い夫婦

上記の方は即病院へ行きましょう!

ではまた。

 

専業主婦になった実感

f:id:mochikoblog2016:20161022202520j:plain

今まで土日祝休みの会社員から、毎日お休みの主婦(休みだけど色々忙しいのよ!)となった最初の日。

近所の大型ホームセンター(ジョ●フル本田)へ行ってきました。

花王製品を5000円買うと1000円分の商品券がもらえるという、なんとも節約主婦にはありがたいキャンペーン中です。

洗剤やらシャンプーやら思った以上に、我が家の花王依存率が高いことが判明し、あっという間にカートも花王製品だけでいっぱいに。

レジで会計してみると、なんと5034円

ギリギリの金額を狙っていたものの、いざこんなに近い金額だとなんだか恥ずかしい。

(“この節約してそうな主婦はわざわざ電卓で計算でもしてきたのかな…”などと店員さんに思われているのではないかと落ち込む私。)

なにはともあれ5000円分花王商品も買ったし商品券をもらわないとね。

 

商品券をもらうためには、ちょっとしたアンケートに答えなければなりません。

アンケート欄に職業の選択がありました。

学生・会社員・主婦・その他

・・・

「主婦」にチェック。

専業主婦になったという事実を叩き付けられたような、ちょっと切ない気。

 

無事に1000円分の商品券はゲット。

 

肩書が主婦になった日の出来事でした。

ではまた。